アンダーヘア処理の本当の目的とは?

そもそも、何故アンダーヘアの処理を行うのでしょうか?

確かに、水着や下着からはみ出すと見栄えが悪いですし、きれいに形が整えられていたほうがオシャレという印象があるでしょう。
つまり、見た目の問題からとかオシャレの観点から行うという人が多いかもしれません。
ですが、アンダーヘアの処理の目的というのは何も見た目を美しくするというものだけではないのです。

 

アンダーヘアが何も処理されないままでいると、デリケートゾーンを清潔に保つことができなくなってしまいます。
女性の場合ですと生理中には経血がアンダーヘアに付着してしまい、肌の炎症などのトラブルの原因となってしまったり、または色素沈着の原因となりデリケートゾーンの黒ずみという新たな悩みを引き起こししまうことがあります。

 

海外では、アンダーヘアを処理していることは清潔さを保つためという目的が主流になっており、“=処理していない人は不潔”とまで感じている人もいるくらいです。

 

確かに美容面でアンダーヘアを処理している人は多いでしょうが、美容目的で行った処理が結果的には衛生面に繋がっていたり、反対に衛生面で目的で行った処理が衛生面にも繋がっているなどといった一石二鳥の効果を得ることができるわけですから、アンダーヘアの剛毛、量の多さに悩んでいる人は、一度処理を行ってみるようにしましょう。
デリケートゾーンが痒くなってしまったり、荒れてしまったりしている人も実は処理していないアンダーヘアが原因になっている可能性が高いのです。

 

参考(私のデリケートゾーンの黒ずみ.com

アンダーヘア処理の順番ってあるの?

アンダーヘアの処理といっても、剃って形を整えれば良いというわけではありません。

適切な段階を踏んで処理することで一層きれいに上手に形を整えることができるのです。

 

例えば、まず最初に突然カミソリや脱毛クリームを使うのではなく、先にハサミやヒートカッターを使って毛の長さを調節してしまうことから始めてみるようにします。

 

伸び放題のまま剃ってしまうと、カミソリもすぐに駄目になってしまいますし、除毛クリームなどを使う場合には長さのせいで毛の範囲や実際のアンダーヘアの形が分からなくなってしまい、結果的に自分の想像していた、またはこうしたいと思っていた形と全く違う仕上がりになってしまうことがあります。
そうなってしまうとまた伸ばしきってから処理しなければならなくなってしまいます。

 

先に長さを整えておくことで実際のアンダーヘアの形を知り、処理しやすくすることができるというメリットがあるのです。

 

ハサミでもヒートカッターでも良いのでまずは長さを調節。
そしてその後、カミソリや除毛クリームを使ってアンダーヘアの形を整えていきます。
完全似アンダーヘアをなくしてしまうハイジニーナではなく、形を残すのであれば、外側から少しずつ、上・左右の形を整えていき、自分の理想通りの形に仕上げていくこと。
処理が終ったら最後に保湿ケアを行って完了です。

 

いきなり剃ってしまうと初心者では失敗することが多いので、このように段階を踏んで処理していくようにしましょう。
それによって初めてのアンダーヘア処理でも失敗せずある程度納得がいく仕上がりにすることが可能です。

メニュー

サイトマップ

Copyright (C) 2016 アンダーヘアの処理する為の基礎知識まとめ All Rights Reserved.